scrap after.

やりたいことは いますぐに

クラシックカメラ少女

本日は晴れ。今日は一日パソコンにかじりついている。
流石に明日は外に写真を撮りに行こう。運動せねば。自転車にでも乗るか。

f:id:shimizum:20151207131944j:plain
GR ハイコントラストB&W コントラスト抑え目、周辺減光設定あり。

そういえば、3年前の丁度今頃、クラシックカメラ少女という本が出版された。

レトロなカメラを持った少女のイラストと各カメラの解説が載った、非常にマニアックな本だ。
(実際の中身は、ただの女の子のイラスト集ではなく、おっさんホイホイな資料本となっている…内容が濃い^^;)

この当時、様々な出版社から”カメラ少女”なるイラスト集や、レトロカメラを持ったヒロインが登場するアニメや漫画など多数出ていた。”たまゆら”というアニメが流行り、ローライの35Sの中古価格が釣り上がったり、品薄になったりしたのも、記憶に新しかったりする。
この本自体はコミックマーケットで販売されていた同人誌なのだが、そのような流れに肖ってか商業誌化までしたのである。

そして、今年に入ってから、日本カメラ博物館にて「クラシックカメラ少女展」が開催されていた。
3年前の本のイラストと実物のカメラを展示するというものだ。会場ではクラシックカメラフィルムカメラ)を持っていくと、入館料が割引きになるなど遊び心がある。ちなみに私が伺ったときは、レチナⅠaを持っていった。大切にしているカメラでもあり、まだまだ現役の完動品だ。

さて、何故このような話をしているかというと、

f:id:shimizum:20151207115919j:plain
実を言うとその本に、参加していた。
(プレスで入館し、自分の展示箇所だけでもと、撮影もさせて頂いた…ちなみにチケットは間に合わず入場料は払った


丁度3年ほど前にトイカメラや二眼カメラ熱があり、ツイッターなどで関連するイラストを描いていたのだが、この本の著者である、かつゆーさんからお誘いがきたのだ。
その際、イラストの制作が可能なリストを頂き、「好きなカメラ描いて頂いて大丈夫ですよ!」とのお話だったので迷わずローライがいい!と言った。

が。実のところ、どうやら他の作家さんのイラストは常に仕上がっており、ローライ× ニコン× エクサクタ× ....ぉぉい!となり、箱型カメラにも興味があります!!との事で...ボックステンゴールを選んだ。ちなみに一番好きなのはイーストマンコダックのNo.2 Beau Brownieだ。あのアールデコ調デザインはこういったイラストにも合いそうだなあ...とモヤモヤ。

BOX TENGORというと、Zeiss Ikonのボックスカメラだ。 56/2は確か最後期モデルだったので、資料が探しやすかった。シャッターはギロチンシャッターでレンズはゲルツのフロンターF9。今でも欲しいカメラなのだが、未だ納得できる固体に出会えていない。(購入を逃してることがほとんどだが…;)


そんなこんなで3年越しにそのカメライラストが展示されていたことを振り返ってみると、最近カメラの絵を描いていないなあ、と思う次第。

なので、来年あたりにGRの本を作れないかと地味に模索中。写真とイラスト。どうにかして組み合わせたいな。